本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CLINICAL PRACTICE GUIDELINE OF BREAST CANCER

このガイドラインについて

日本乳癌学会は、2004年に薬物療法ガイドラインを刊行以降、外科療法、放射線療法、検診・診断、予防・疫学の5分野のガイドラインを3年毎に発刊してきました。しかし、昨今の医療技術や薬物療法の進歩はめざましく、その変化に即応すべく、2011年に全分野を統合したWEB版ガイドラインを作成いたしました。
当WEB版ガイドラインは2011年版を全面改定した2013年版です。本ガイドラインを通して、患者中心の、より質の高いチーム医療が実践されることを期待する次第です。

改訂のお知らせ

乳癌診療ガイドライン外科療法 「CQ13 センチネルリンパ節に転移を認める患者に対して腋窩リンパ節郭清が勧められるか」 推奨グレードの変更について

Clinical Question

会員専用ログイン

ログインID
パスワード